上下・左右・前後のバランス軸を整える!

 ごあいさつ:

  2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、「ロコモ」という観念を提唱しました。いわゆる「ロコモティブ・シンドローム(運動器症候群)」とは 筋肉、骨、関節といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害がおこり、「立つ」「歩く」といった移動能力が低下する状態をいいます。そのようなロコモ状態が進行すると、日常生活動作(ADL)に支障を来たし、生活の質(QOL)が脅かされ、やがて要介護の状態になっていきます。 

 いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器をできるだけ長持ちさせ、ロコモを予防する。この地道な日々の積み重ねが、2000年に世界保険機構(WHO)により提唱された、「健康寿命」という「日常的に介護を必要としないで自立した生活ができる生存期間」を延ばしていく事につながっていきます。

 当院では、ロコモ時代における超高齢社会の背景を踏まえ、「ロコモ回避」という旗印を掲げ、患者様のロコモ予防に真剣に向き合い、持続可能な日常生活動作(ADL)と生活の質(QOL)を希求し、これから先の地域や社会に少しでも貢献できるように、日々精進してまいります。

院長 鈴木 義人


太子堂治療院の医道宣言:

「 患部の肩凝りや腰痛等の問題は、身体全体の複合的な問題であり、筋骨全体で包括的に負担するべきものであります。

 患者の皆様には、患部の過重負担の現状や現代医学的な体制の在り方について、心身一如として真摯に考えていただきたいと願っています。」 

院長 鈴木 義人


支えつつ動かす ”骨整体”!

 骨整体について:

 当院の「骨整体」とは、筋肉、骨、関節といった運動器のいずれか、あるいは複数に過重負担が生じ、「寝返る」「座る」「起き上がる」「立つ」「歩く」といった基本的な移動能力が低下するのを回避または軽減させるための技術です。

 ロコモの進行状態が、目に見えるカタチで表面化する時というのは、「立つ」「歩く」といった日常生活における移動能力の「機能障害」に加え、具体的な局所に「痛み」「熱感」「赤み」「腫れ」といったロコモの予兆(炎症の徴候)がよく見受けられます。このような「生体からのシグナル」に、できるだけ早く気づき即治療ことが、とても大切です。

 骨整体は、患部に炎症反応が生じる前後を対象に、ロコモ状態の軽度や重度を問わず、一人ひとりの身体状態を把握し、筋肉の弾力性の程度、骨のズレ、関節のつまり等に対し、できるだけ骨や関節等が長持ちするように「手をうつ」というカラダの機能性を整えるための能動的な保存療法です。

中心の軸がしっかりすれば、かかる圧力は分散される!

所在地

太子堂治療院

住所

〒154-0004    

東京都 世田谷区太子堂2-13-1 

佑和ビル1F


電話番号:  03-6805-5728 

 Email:    suzuki-y@sekitate.co.jp